テキスト:経営と管理
テキスト:経営と管理

外国人技能実習生制度事業紹介

イメージ画像
 外国人技能実習制度は、「就労が可能な外国人」の 3番目に分類されるもので、海外の青壮年労働者を日本の企業に受け入れ、技術・技能・知識の習得を図るよう支援するものです。 勤労意欲が高く、技能の習得を一生懸命にしようとする若い外国人の採用により社内が活性化します
 医療介護ネットワーク協同組合では、技能実習生制度を活用して、組合員企業様に優良な送出機関をご紹介し、 しっかりと事前教育された技能実習生が採用できるよう支援いたします。当組合は実習生を送り出す機関を厳選し、
 ・受入企業の業種に必要な教育と、質の高い日本語教育が徹底できている実習生
 ・日本での生活マナーや仕事のマナー教育をしっかり教育できている実習生
を紹介できるヴェトナムの送出機関と一体になって、実習生の技能向上と人間的な成長を支援する体制を作っています。
<在留資格>
 外国人技能実習生は、入国後1ヶ月の国内研修を含めて初年度は技能実習1号となります。
この約1年間でひと通りの技術等を身につけた技能実習生たちが、技能検定に合格することにより技能実習2号(2年目、3年目)に在留資格が 変更されます。その後の実習段階でさらに組合員のもとで補助労働力として有効に働けるよう支援します。
2年目、3年目の在留資格へ変更ができる職種(3年間技能実習生として雇用できる職種)は こちらです。

 受入の準備段階から帰国まで、すべての局面で当組合は受入組合員企業様を支援致します。

流れ
外国人技能実習について


制度の申込み方法