テキスト:経営と管理
テキスト:経営と管理

事業紹介

介護事業

介護事業画像
ますます多様化・複雑化する介護ニーズ。
より質の高いサービスで応えていくために、これからの時代の介護サービス事業は、個々の強みを活かしながら協同で展開していくべきです。

そこで、医療(病院)・看護・介護関連の事業者が協同で設立した組織が、医療介護ネットワーク協同組合です。

介護サービス事業に携わる方々より組合員を募り、互いの知識やノウハウを共有しています。また、組合では、医療経営のコンサルティングなど、様々な側面から皆様の事業を支援していきます。

組合員のメリット

組合に加入すると、以下のようなメリットがあります。
  1. さまざまな経営課題を解決
    組合のネットワークを通じて、介護機器のレンタルや消耗品の共同購買、共同での人材募集や外国人研修制度の活用が可能。
    あらゆる面での情報交換、交流活動ができるのも強みです。
    また、ケアプランの作成や介護レセプト・収納実績管理などが容易にできる情報インフラをご利用いただけます。
    さらに、医療経営コンサルタントによる経営改善支援などトータルな経営支援が受けられるので、抱えている問題の解決に役立ちます。

  2. 情報の共有化で競争力を強化
    組合員が共同でネットワークを利用するため、「生きた情報」の共有化を図れます。
    連絡メール配信や掲示板(情報交換)などをはじめとした情報インフラを整備。個人では決して得られない市場動向や経営情報などが得られ、競争力をアップさせる貴重な情報源となります。

  3. コストの大幅な削減
    消耗品の卸を行う共同購入機構を利用した共同購買や共同人材募集、情報システムの活用などにより、個別で行うよりも格段に安い費用で実施できます。
    また、組合員の受注促進活動や保険商品案内普及の共同あっせんも行っています。そのため、コストの大幅な削減が図れます。

提供サービス

図解
介護サービス事業講習会
外国人介護福祉士